実際に体験した悪い薬局や薬剤師と良い薬剤師

投稿者: | 2017年1月12日

世の中には色々な人がいるものです。もちろん薬剤師も色々な人がいます。

そこで私が実際に体験した、悪い薬局や薬剤師、反対に良い薬剤師さんについてあげてみようと思います。

お薬手帳の内容を読み上げる

すごく困るというわけではありませんが、時間がないときなど、少し困りもの。もちろん、それが薬剤師さんのお仕事なのでしょうが……中には知られたくない薬もあったりして、小さい調剤局の中ではやめてほしいと思うこともしばしばですね。

「お変わりありませんでしたか?」と聞かれること

これもお仕事のうちなのでしょうが、「ええ、少し具合が悪くなりましてね」なんて答えたら、彼らは処方箋を書き変えてくれるのでしょうか!?

異性の薬剤師さんには持ってきてほしくなかったのに

婦人科系のお薬を貰いに行った時のことです。女性の薬剤師さんに処方箋を渡せて一安心していたら、実際にお薬を奥から持ってきたのは、男性の方ではありませんか。しかも後ろの方に目を向けると、最初のお姉さんはなんだか微妙な顔でこちらを眺めてる!

以上はあまり良くないお話でしたが、反対に良い人だな、と思ったできごとなども挙げてみましょう。

お医者さんに言っては怒られそうな相談ができたとき

診断結果によってはお医者さんに怒られそうなこともあること、食べたいもの飲みたいもの、我慢したくないものなどの相談ができるとありがたいですよね。私個人の体験としては、「仕事上のお付き合いもあるので、お酒を飲むなら、大丈夫ですか?」なんて聞いてみたり。ちなみに真摯に答えていただき、今でもそれを守っています。あの時のお兄さんありがとう!

医師との連携ばっちり

「あ、今の形の薬は飲みにくいから変えて、ってお医者さんに言い忘れちゃった」。こんな時ありますよね。それを窓口のお兄さんに話したところ、すぐに病院に確認を取って変えてくれました!

以上が私個人の体験した、薬剤師良いこと悪いことでした。これを参考に、良い薬剤師さんが増えてくれると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です